--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-07(Mon)

■ソフトウェア■ 朗報! MS-Office代替えの低価格Officeソフト「Kingsoft Office 2007」

マイクロソフトの「Excel」や「Word」で
「マクロを使用しない」と
言うユーザに朗報だ。

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


この「Kingsoft Office 2007」は、筆者は出始めの時に、
一度「Excel」に当たる
「Kingosft Spreadsheets」テストをしたことがあった。

結果的には「マクロ」や「VBA」を多用する筆者は、
この 機能がないために使用を断念し、
Linuxでも使用できる「OpenOffice」を 選択した。

しかし、それ以外に関しては正直に言って
「Excel」と使用感が全くと 言って良いほど同じだった。

見た目に関しても、一見しただけでは分からないほどで、
「ここまでそっくりにして大丈夫なのだろうか?」と
逆に心配になるほどだった。

また、「Excel」で作成したファイルを開いても、
レイアウトが崩れたと言う記憶は 無いし、
動作速度に関しても機敏であった。

逆にダウンロードして得られるインストーラの容量からしても、
余分な機能が 無い分、変な「もっさり感」が無く、
むしろ好感を持ってしまった程だ。

しかも6万個ほどのデータから作成する「グラフも」、
「OpenOffice」では 鬼のように時間がかかっていたが、
「Kingosft Spreadsheets」では、 「Excel」と同じくらいの速度で描画した。

そんなことから、恐らくと言うか、ほぼ全ての「Excel」ユーザは、
起動するときのアイコンの違い以外、起動してしまえば「Excel」なのか
「Kingosft Spreadsheets」なのかを意識することはないだろうと思った。

「OpenOffice」への移行に抵抗を感じていて、
高額な「MS-Office」の 購入に躊躇している読者は、
3ヶ月間は無償で試用できるので、
一度試してみてはいかがだろうか?

参考サイト:
(GIGAZINE)Microsoft Officeと互換性が高い「Kingsoft Office 2007」を使ってみた


スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングならblogram
このBlogを登録 by BlogPeople
関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

winlinux

Author:winlinux
地方の工場で「システム担当」兼「エンジニア」として勤務。
主に現場で必要なシステムを提案、作成、運用している。
また、製造装置の保守やメンテナンス、改良、改善も行う。

24時間365日連続稼動の各種システムと、それを構成する
百数十台のPCでいかに「低コスト」で「作業者にやさしい」状態を
構築、運用するかを常に思案中。

最近のコメント
RSSリンク
サイト内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。