--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-23(Wed)

■ハードウェア■ 覚書・・・ 「ACPI」の6つの状態を簡単にまとめてみた

PCの分かりずらい機能の1つである「ACPI」。

簡単な一覧にまとめてみた。

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


「ACPI」は以下の6状態がある

S0:通常の駆動状態
S1:CPUのキャッシュをフラッシュして、命令実行が停止した低消費電力状態
S2:CPUへの給電をストップした低消費電力状態
S3:メモリへの給電のみを保障したスリープ状態(メモリの状態を保持)
S4:メモリの内容をHDDに書込んだ休止状態
S5:ソフトウェアによる電源遮断

この中で、筆者のPCでは「S3」がBIOSで設定しておき、
キーボードの 「スリープボタン」でスリープさせている。

次回PC起動時は本体の電源ボタンを押すと、
「スリープボタン」を 押す直前の状態でWindowsが起動する。

ブラウザ等を開いたままでスリープさせたものも、
復帰後そのまま作業を 再開できる。

この間、停電などがあった場合は普通に電源を切った後のように
「通常起動」 する。

ただ、あまり気持ちが良いものではないので
スリープ状態からの復帰後の
作業はメール等の確認位に留め、
仕事をする際は必ず再起動するように している。

「ACPI」は、まだまだ「安心して使える」とは言えないので、
自分のPCで、うまく動作するものだけをチョイスし、
あまり過信しないように しよう。


スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングならblogram
このBlogを登録 by BlogPeople
関連記事

テーマ : パソコン豆知識
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

winlinux

Author:winlinux
地方の工場で「システム担当」兼「エンジニア」として勤務。
主に現場で必要なシステムを提案、作成、運用している。
また、製造装置の保守やメンテナンス、改良、改善も行う。

24時間365日連続稼動の各種システムと、それを構成する
百数十台のPCでいかに「低コスト」で「作業者にやさしい」状態を
構築、運用するかを常に思案中。

最近のコメント
RSSリンク
サイト内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。