--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-02-23(Sat)

■セキュリティ■ 新しい認証方法! 「OpenID」とは?Yahooが発行をスタート!

最近「OpenID」と言う言葉が
インターネット上で ちらほら見かけるようになってきた。

「Yahoo」もβ(ベータ)版ではあるが、
発行を 開始した。

しかし、「OpenID」とは一体何なのだろう?

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


単純に言うと「OpenID」は、
新しい認証方式で 1つ登録しておけば
「OpenID」を採用しているサイトは、
1つのIDで認証が完了する。

要するに、サイトごとにIDやパスワードを管理する必要が 無いため、
「パスワードを忘れてログインできない」と 言う事が少なくなると言う事らしい。

「OpenID」の特徴はIDにドメインが付くことだ。

ユーザ名、メールアドレス等を登録することで発行される。
メリットとしては、 ・複数のサイトで同じIDを利用できる。

・新規にユーザ登録するサイトで入力の手間が省ける。
・認証は「OpenID」を取得したサイトで行われるので 「OpenID」を採用したサイトではログイン作業が簡単になる。
等だ。

そして、気になるデメリットや注意点は

・「OpenID」を発行してもらったサイトが情報漏洩すれば 「OpenID」を採用したすべてのサイトが危険にさらされる。
・住所や電話番号など、必要のないサイトで必要以上に 情報が流れる可能性がある。
・「OpenID」を採用しているサイトが「安全」とは限らない
等々・・・。

確かに、IDとパスワードの管理は手間がかかるし、
第一覚えていない。

たまにしか見ないサイト等は、完全に忘れているものも多い。
初心者も、現時点では「OpenID」に関しては、
筆者も含め、 ほとんどのユーザが「OpenIDとは何か?」を理解していない。

土俵は同じなので、この際ちょっと勉強してみてはいかがだろうか?

基本を理解していれば向こう数年は不安が低減されるだろうし、
新しい機能が追加されても、差分だけ覚えれば良い。

機能が増えてからでは、覚えるのも大変だ。
今後「OpenID」は普及していくと思われるが、
メリットとデメリット、 リスクを十分理解して快適なネットライフを送ろう。

参考サイト:
OpenID とは OpenID 第1回 仕様から学ぶOpenIDのキホン Yahoo!JAPAN、OpenIDの発行をスタート


スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングならblogram
このBlogを登録 by BlogPeople
関連記事

テーマ : インターネットセキュリティー
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

winlinux

Author:winlinux
地方の工場で「システム担当」兼「エンジニア」として勤務。
主に現場で必要なシステムを提案、作成、運用している。
また、製造装置の保守やメンテナンス、改良、改善も行う。

24時間365日連続稼動の各種システムと、それを構成する
百数十台のPCでいかに「低コスト」で「作業者にやさしい」状態を
構築、運用するかを常に思案中。

最近のコメント
RSSリンク
サイト内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。