--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-03-27(Thu)

■ハードウェア■ 待ってました!! 「PC用地デジチューナ」販売解禁!

現時点まで、「USBワンセグチューナ」は存在していたが、
「USB地デジチューナ」は、
色々な事情につき、各社共 販売は行っていなかった。

それが、4月上旬にも解禁となるようだ!

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


国内では販売されていなかった
「PC用地デジチューナ」。

これは、日本特有のもので
海外では1万数千円前後で 当たり前のように販売されていたようだ。

何故、国内で販売されていなかったかと言うと、
技術的に難しいと言うことではなく
単に著作権や、 それに関する、もろもろの事情のようだ。

それが、4月上旬にも解禁となり、
各社こぞって製品を 投入してくると思われる。

録画ができるか?または録画したものをコピーできるか?等は
現時点でははっきりしていないが、何はともあれ、
PCで 「地デジ(フルセグ)」が見れるようになるのは、ありがたい。

筆者の勝手な想像からすると、
恐らく手軽に使用できる USBタイプの
「USB地デジチューナ」なるものが近々発売されるだろう。

「参考サイト」のリンク先によると、
すでに基本設計は完了しており ガイドラインにそって、
修正などを行い出荷するとあり、 筆者の勝手な想像では
来月にでも製品が登場するのではないだろうか?

ちなみに視聴するには「B-CAS」カードは、
やはり必要なようだ。

また、気になる「価格」だが、売れ筋は2万円前後とされている。
「CS」や「BS」も視聴できる高機能なものは3万円前後との予測の ようだ。

「USBワンセグチューナ」の経験から言うと、
はじめての市場投入から 約1年で、感度もかなり
上がり価格は横ばい、旧モデルは価格を 約3~4割下げるという感がある。

よって、「USB地デジ(フルセグ)チューナ」も、
数か月で新製品が 投入され、数か月で、
みるみる価格が下がるのでは?と、 根拠は全くないが筆者はそう見ている。

これからが非常に楽しみだ!

参考サイト:
(GIGAZINE)ついにパソコン用の外付け地デジチューナーの販売解禁、USBタイプなどが登場へ


スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングならblogram
このBlogを登録 by BlogPeople
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

winlinux

Author:winlinux
地方の工場で「システム担当」兼「エンジニア」として勤務。
主に現場で必要なシステムを提案、作成、運用している。
また、製造装置の保守やメンテナンス、改良、改善も行う。

24時間365日連続稼動の各種システムと、それを構成する
百数十台のPCでいかに「低コスト」で「作業者にやさしい」状態を
構築、運用するかを常に思案中。

最近のコメント
RSSリンク
サイト内検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。