--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-03-29(Sat)

■Linux■ 一安心。。。 Linux起動時sendmailの起動が異常に時間がかかる場合の対処法

Linuxの起動時に、
「sendmail」と「sm-client」が起動する際、
異常に時間がかかる事はないだろうか?

そんな時は、以下の方法を試してみよう。
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


今回、想定しているのは
「Redhat」クローンの「CentOS5.1」だ。

それを、「VMware Server 1.0.4 build‐56528」に
インストールした テスト環境だ。

メールサーバである
「Sendmail」と「sm-client」の起動が
異常に遅く(まちまちだが1~10分位)、
一瞬固まったかのように感じる。

しかし、そのまま放置しておくと、
いつの間にか起動しており、
その後「重い」等と言う 症状は発生しないと言ったような現象が起きていた。

こんな場合は、以下のファイルを変更してみよう。

● /etc/hosts
192.168.***.*** hoge hoge
                      ↓
192.168.***.*** hoge.localdomain hoge

読者の環境によって、「hoge」や「localdomain」は
各自変更してもらいたいのだが、
雰囲気だけは、伝わっただろうか?

要するに、「Sendmail」と「sm-client」の
名前解決がうまく行っていないので、
「/etc/hosts」を環境に合わせてきちんと
設定してやればよいのだ。

きちんと・・・と言っても正直言って説明も難しいので、
その辺は他サイトを 参考にしてもらいたい。

これで、再起動してみると、
何事もなかったかのようにすんなり起動するようになる。

悩んでいる読者は、一度お試しあれ。



スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングならblogram
このBlogを登録 by BlogPeople
関連記事

テーマ : パソコン関連お役立ち情報
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

winlinux

Author:winlinux
地方の工場で「システム担当」兼「エンジニア」として勤務。
主に現場で必要なシステムを提案、作成、運用している。
また、製造装置の保守やメンテナンス、改良、改善も行う。

24時間365日連続稼動の各種システムと、それを構成する
百数十台のPCでいかに「低コスト」で「作業者にやさしい」状態を
構築、運用するかを常に思案中。

最近のコメント
RSSリンク
サイト内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。