--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-21(Mon)

■Linux■ 成功です! 「Knoppix 3.5.1」をUSBフラッシュメモリで起動する方法

先日公開された
DVDより、起動できる新バージョン「Knoppix 5.3.1」

今まではCD版も公開されていたのだが、
本バージョンは DVD版のみのようだ。

しかし、DVDを搭載していないPCがあるのも事実だ。
そこで今回は、USBフラッシュメモリから起動する方法を紹介しよう。
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


先日、「産業総合研究所」よ公開となったり新バージョン
「Knoppix 5.3.1 日本語版」。

当ブログでも、数回紹介しているが、
起動しなくなったPCの 原因調査や、ハードディスクが無くても起動できるので
緊急対応時等に非常に役に立つ。

筆者は、主に「Partimage」や「qtparted」を使用し、
システムのバックアップをとるのに重宝している。

しかし、本バージョンは、現時点のところ「DVD版」のみであり、
DVDドライブを搭載していないPCでは起動できない。

そこで、この約4.3GByteの「Knoppix 5.3.1」を、
USBフラッシュメモリへ インストールし、
USBからブートする方法を紹介しよう。

また、今回紹介する方法は、USBメモリを完全にフォーマットしてしまうので
必要なデータは別途バックアップを取っておいてほしい。

まず、USBフラッシュメモリだが、BIOS上から起動できるものと、
できないものがあると言う事を知っておこう。

今回使用したUSBフラッシュメモリは
「BUFFALO(バッファロー)」の 「RUF-C8GS-BL/U2」。
8GByteの高速タイプだ。

ちなみに「 RUF2-S4G-BS」でも、容量は今回のバージョンでは不足するが、
「Knoppix 5.1.1」等の旧バージョンでの起動を確認している。

では、「Knoppix 5.3.1」をDVDドライブにセットし起動しよう。
この時、USBメモリは、まだセットしなくても良い。
心配な方は、HDDのコネクタをはずしておいても良いだろう。

起動したら、USBメモリをセットする。
この時、マウントするかどうかのウィンドウが開く場合(マウントするかどうか)が あるが、
キャンセルする。マウントしていると作業ができないからだ。

●左下の「ペンギンアイコン」→「Root Shell」でコンソールをroot権限で開く
●次に、「fdisk」コマンドで、USBメモリのパーティションを切る。
今回はUSBメモリ全体を1つのパーティションとする。
# fdisk /dev/sda

●「d」で全てのパーティションを削除する。
●新しく、パーティションを基本領域で作成する。
「n」→「p」→「1」(領域番号)→「Enter」(最初シリンダ)→「Enter」(終点シリンダ)

●作成したパーティションを「FAT32」に設定する
「t」→「c (W95 FAT32(LBA))」(16進数コード)

●パーティションに「ブート可能フラグ」を付ける(アクティブにする)
「a」→「1」(領域番号)

●上記の設定をUSBメモリに書き込む(キャンセル時は「q」→「Enter」) 「w」→「Enter」

これで、USBメモリのパーティションの設定は完了した。
最後に「w」で書き込みを行わない限り、
設定は反映されないので注意しておこう。

●次に、この作成したパーティションをFAT32でフォーマットする。
# mkfs.vfat -v /dev/sda1

●USBメモリの作成したパーティションをマウントする。
# mount /dev/sda1 /media/sda1

●「/media/sda1」上に「knoppix」ディレクトリを作成する。
(大文字で打っても、「ls」コマンドで確認時は小文字になっているが気にしない)
# mkdir /media/sda1/KNOPPIX

●起動したのDVDドライブの「KNOPPIX」ディレクトリの内容を全てコピーする。
# cp -R /cdrom/KNOPPIX/* /media/sda1/KNOPPIX/

●起動に必要なファイルをUSBメモリのルートディレクトリにコピーする。
# cp -R /cdrom/boot/isolinux/* /media/sda1/

●ブートローダを書き込む
# syslinux /dev/sda1

●ブートローダを変更(ファイル名を変更する)
# mv /media/sda1/isolinux.cfg /media/sda1/syslinux.cfg

●以下の2つのファイル名も変更する。
# mv /media/sda1/linux /media/sda1/vmlinuz
# mv /media/sda1/minirt.gz /media/sda1/miniroot.gz

これで完了だ。

後は、「shutdown -r now」で再起動し、
BIOSをUSBメモリからブートすうように 設定して起動してみよう。

先にも記した通り、筆者は幾度と無く「Knoppix」には異常発生時に助けられた。
バックアップも市販ソフトのように手軽とは言わないが、
ネットワーク経由で パーティションごとバックアップでき、
数十台を一気にセットアップしなければ ならない時は、
ファイルサーバの1つのイメージファイルをネットワーク経由で リストアする事によって、
手間も省けるし何よりも環境を統一することが可能だ。

今回、非常に長くなってしまったが、
USBフラッシュメモリも8GByteで6,000円 前後と非常に安くなっているので、
一度試してみてはいかがだろうか?


スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングならblogram
このBlogを登録 by BlogPeople
関連記事

テーマ : パソコン関連お役立ち情報
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

winlinux

Author:winlinux
地方の工場で「システム担当」兼「エンジニア」として勤務。
主に現場で必要なシステムを提案、作成、運用している。
また、製造装置の保守やメンテナンス、改良、改善も行う。

24時間365日連続稼動の各種システムと、それを構成する
百数十台のPCでいかに「低コスト」で「作業者にやさしい」状態を
構築、運用するかを常に思案中。

最近のコメント
RSSリンク
サイト内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。