--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-01-19(Mon)

■ハードウェア■ 緊急!!致命的欠陥!HDD(ハードディスク)のチェックを!!

HDD(ハードディスク)大手のSeagate(シーゲート)。

今回、このメーカのHDDに、
起動やアクセスができなくなるという 致命的な不具合があることが判明した!

一度、現象が発症したら個人レベルでは対応は、ほぼ不可能に近いので、
自分のHDDも対象かどうかも含め、早急に確認を行うことを 強くお勧めする!!

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


今回のSeagate(シーゲート)製の致命的な不具合、
実は筆者のHDD(ハードディスク)も対象だった。

対応済みファームウェアがリリースされるとされる
日本時間今週水曜日まで、何とか生きていてほしい・・・

それでは、筆者のHDDが対象と判明するまでの経緯を以下で紹介しよう。
初心者の方は、この一連の流れが何らかの役に立てば幸いだ。

何気にネットを巡回していたら、以下のサイトを発見。
・Seagate製ハードディスクのファームウェアに致命的な不具合、起動不能・アクセス不能になることが判明(GIGAZINE)

たしか、筆者のHDDもSeagate製・・・
購入時期も一致する・・・

と、 いうわけで、
手順1のシリアルナンバーの確認・・・

見事にヒット!
ちょっと冷や汗が出る。

ちなみに日本のメーカ製などのPCの読者でも、
ハードディスクはSeageteを採用している事が 少なくないのでチェックしてみよう。

ちなみに、この作業で、PCが壊れたりする事は理論上ではありえないので、
あまり深く考えなくて良いだろう。

続いて、手順2のサイトにアクセスし、
祈るような気持ちで シリアルナンバーのチェック!

これも見事にヒット!!!
対象ハードディスクと確定!!
この時点で冷や汗と涙が滝のように流れる(T.T)

記事によると、一度発症するとBIOS(Basick Input Output System:簡単に言うと、 PCの電源を入れ、Windowsが起動する前にハードウェアの 接続状況などをチェックする プログラムのこと。 これの最終段階でHDD内のWindowsへ制御を移す)が、HDDを認識できなくなるとの事。

これは何を意味するかというと、
マザーボードがHDDを認識できないのだから、
当然、 HDD内にインストールされているOS(Operating System:Windowsの事)へ 制御を移す事が できない。

要するにパソコンが起動できなくなる事を意味する。

厄介なのは、そのHDD内に保存されているデータだ。

最悪別のハードディスクを購入し そちらにWindowsをインストールし、
起動できたとしてもアクセス不可になってしまったHDD内部のデータは 救出できない事になる!

筆者としては、これが一番の痛手なので、
必要なデータを別の ハードディスクへ バックアップを即、開始!

無事にバックアップ作業は完了した。
4時間ほど掛かった。

しかし、データがなくなるよりはぜんぜんましだ!

ここまでくれば、該当HDDのファームウェアを更新してやれば良いだけだ。
GIGAZINE記事中の手順3「クリックしてメールフォームを表示」をクリックし、
アカウントを作成。

いざメールを・・・ってサイトへログインできない(T.T)
Seagateは混乱しているのか、いくらやってっもログインできない!

すでにバックアップも完了しているので、最悪起動しなくなっても、
バックアップがあるので あきらめ寝る事にした。

翌日、サイトへのログインできない現象がGIGAZINEの記事に掲載されていた。
筆者とまったく一緒の現象だ。

あきらめて寝て正解だった。

・GIGAZINE編集部のSeagate製ハードディスク「Barracuda 7200.11」がついにアクセス不能に(GIGAZINE)

GIGAZINEさんのHDDは残念ながら、お亡くなりになったようだが、
筆者のは健在だ。

ただ、いつまでもつのやら・・・
今回ばかりは、他人事ではない・・・
発症の条件も現時点では不明なので、気をつけようもない。。。

とりあえず、再起動や電源を切らずに、そのままにしておこうと思っている。
また、GIGAZINEの記事には掲載されていないのだが、
前記、手順2の 「シリアルナンバーのチェック」のサイトへの アクセスが現時点でもできなくなっているようだ。

冒頭でも記したが、今週水曜には、不具合の解消された
ファームウェア(基板内のチップなどに入っている制御用ソフトウェア)が
公開されるようなので 読者のHDDも健在である事を祈りたい。

参考サイト:
・Seagate製ハードディスクのファームウェアに致命的な不具合、起動不能・アクセス不能になることが判明
・ハードディスクのシリアル番号確認・バッドセクタ修復・各種テストが可能なSeagate製公式フリーソフト「SeaTools for Windows」
・GIGAZINE編集部のSeagate製ハードディスク「Barracuda 7200.11」がついにアクセス不能に
・アメーバブログが画像保存サーバーに不具合のあるSeagate製HDDを使用、ユーザーに注意を呼びかけ


スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングならblogram
このBlogを登録 by BlogPeople
関連記事

テーマ : パソコン関連お役立ち情報
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

winlinux

Author:winlinux
地方の工場で「システム担当」兼「エンジニア」として勤務。
主に現場で必要なシステムを提案、作成、運用している。
また、製造装置の保守やメンテナンス、改良、改善も行う。

24時間365日連続稼動の各種システムと、それを構成する
百数十台のPCでいかに「低コスト」で「作業者にやさしい」状態を
構築、運用するかを常に思案中。

最近のコメント
RSSリンク
サイト内検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。