--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-09-23(Wed)

■Linux■linuxでのネットワーク設定ファイルは?

たとえばCentOS上にFTPサーバを構築したのだが、
いざアクセスしてみると認証が異常に遅く、悩んだこと等ないだろうか?

こういう時は原点に戻って、ネットワークの設定を見直してみよう。
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


冒頭でも記したように、FTPサーバへアクセスし、
ユーザ名、パスワードを入力した後の反応が異常に遅いと言う場合、
当然、FTPサーバの設定ファイルを疑う。

しかし、いくら見直しても問題が無く、vsftpdをProftpdに変えたりしても
現象が変わらない場合などは、今一度原点に立ち返ってみよう。

そう、ネットワークの設定だ。

DHCP経由でIPを取得した時は問題はなかったのに、固定IPに
変更したとたん前記のような症状が発生するような時は、
DNSの設定を忘れていたり、間違ったりしては無いだろうか?

CentOS5.3に関しては、少なくとも5つの設定がある。
以下に該当ファイルを上げておくのでもう一度見直してみよう。

/etc/sysconfig/network
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth***
/etc/resolv.conf
/etc/hosts
/etc/host.conf

「/etc/resolv.conf」が勝手に書き換えられてしまうときは、
「/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth***」に、
「PEERDNS=no」の記述を追加しておこう。
これで、「/etc/resolv.conf」が再起動のたびに書き変わってしまう
現象から解放される。


スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングならblogram
このBlogを登録 by BlogPeople
関連記事

テーマ : パソコン関連お役立ち情報
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

winlinux

Author:winlinux
地方の工場で「システム担当」兼「エンジニア」として勤務。
主に現場で必要なシステムを提案、作成、運用している。
また、製造装置の保守やメンテナンス、改良、改善も行う。

24時間365日連続稼動の各種システムと、それを構成する
百数十台のPCでいかに「低コスト」で「作業者にやさしい」状態を
構築、運用するかを常に思案中。

最近のコメント
RSSリンク
サイト内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。