--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-10-10(Thu)

■ハードウェア■これ便利かも?パソコンから直接スマホ操作できるBlueTooth送信機

スマートフォンは便利だ。

しかし、スマホでの文字入力・・・
正直なところ、筆者はウンザリだ。

目の前には使い慣れた、
パソコンのキーボードがあるのに・・・

同じことを感じている読者も、
少なくはないだろう。

そんな方に朗報だ!

続きは以下から・・・



スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


この記事を書いてる最中にも、
1通のメールが筆者のスマホに届いた。

当然返信する事となるのだが、
ATOKをインストールしているとは言え、
PCのキーボード入力と比べると、
格段に時間がかかり、イライラする。

目の前のキーボード、マウスから
入力や操作が出来ればいいのに・・・

それができるスマホアプリも、
確かに存在する。

しかし、うまく動かなかったり、
root権限が必要等、色々と
厄介な事が多い。

こんな事を解決してくれるかもしれない
商品を今回、Buffalo(バッファロー)が
発表してくれた。

「 BlueTooth 送信機」
という、ジャンルの商品だ。

メーカの紹介文を見てみると、
「使い慣れたキーボードで操作したい」
「専用キーボードを買うほどではない…」と
いうような方にオススメです。
との事。

型番は「 BSHSBT04BK 」。
11月中旬発売予定で、
価格は4,200円。
現在直販サイトでは2,980円となっている。

この「 BSHSBT04BK 」は、
小さなUSBメモリのような形の製品で、
PCに挿入、専用ソフトをインストールして使用する。

スマホ側はBluetoothのプロファイルの中で、
「 HID 」が搭載されていれば基本的にOK。

最大10台までの機器をPC側に登録でき、
任意に捜査対象のスマホやタブレットに
切り替えることが可能。

ただし、操作される側の機器が
「iOS」の場合はマウス操作ができないらしい。

BlueToothを使用しているため、
操作範囲は約10m。

Androidの環境では、マウスでも操作が
できそうなニュアンスがうかがえる。

これが実現できるとすると、かなり使い勝手が
良いのでは?と、いろいろ想像してしまう。

ただし、この辺に関しては操作される側の
スマホやタブレット端末側に大きく
依存しそうな気がする。

俗に言う「 相性問題 」というやつだ。

まだ、発売もされていないので何とも言えないが
これをBuffaloがうまく回避し、
どの端末でも、動作することができれば、
素晴らしいことだと思う。

しかし、定価の4200円は貧乏な筆者には
かなり高額に感じてしまう。

現在直販サイトで、2980円となっているが、
筆者は2500円以下になったら、
購入を検討してみたいと現時点では感じている。

興味のある方はBuffaloのサイトを参照してほしい。

参考サイト:
・(Buffalo)プレスリリース
・(Buffalo)お手持ちのPCのキーボードとマウスがタブレットとスマホでも使える、Bluetooth® HID送信機
・(Buffalo)直販サイト


スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングならblogram
このBlogを登録 by BlogPeople
関連記事

テーマ : スマートフォン
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

winlinux

Author:winlinux
地方の工場で「システム担当」兼「エンジニア」として勤務。
主に現場で必要なシステムを提案、作成、運用している。
また、製造装置の保守やメンテナンス、改良、改善も行う。

24時間365日連続稼動の各種システムと、それを構成する
百数十台のPCでいかに「低コスト」で「作業者にやさしい」状態を
構築、運用するかを常に思案中。

最近のコメント
RSSリンク
サイト内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。