--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-10-17(Thu)

■Windows■来ました一般公開!Windows8→8.1 へ無償アップデート公開。店頭販売は17日深夜から

マイクロソフトは最新OS
「 Windows8.1 」への
無償アップデートを一般公開を開始した。

Windows8ユーザがアップデートの対象となる。

アップデートの詳細や方法は、
続きをどうぞ・・・


スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


今回一般公開された最新OS「 Windows8.1 」。
Windows8のユーザは、無償でアップデートできる。

自分のパソコンは対象なのか分からない・・・という人は
そのパソコンを購入する時に店員さんから
「 このPCはWindows8です」と言われた方は
全員が対象だ。

今回は今までと違い、Microsoft UPDate や Windows UPDateでは、
アップデートする事はできない。

Windows8より導入された「 Windowsストア 」から
入手、インストール(アップデート)する。

今までと違うので戸惑うかもしれないが、
意外と簡単なので、早速試してみるのもいいだろう。

それでは、早速アップデートの手順を以下に記す。

・「 スタート 」をクリック(デスクトップ画面左下にマウスを持っていくと表示される)
          ↓
・「 ストア 」をクリック
          ↓
・「 Windowsのアップデート 」をクリック
          ↓
・「 ダウンロード 」をクリック

以上だ。
後は、ダウンロード、インストールが自動的に開始されるはず。
ただし、執筆時はアップデートが殺到しているのかダウンロードだけでも
1時間以上かかるようだ。

ダウンロードの完了後、インストール(アップデート)が始まるのだが、
これは各PCの性能による処も大きいので一概には言えないが、
数十分~数時間程度だと思われる。

また、アップデート中も、インターネットを閲覧したり、
ExcelやWord等、いつもの作業を通常通り続けることが可能。
わざわざ、作業を中断する必要はない。

しかし、大きなアップデート処理が行われているので、
非力なパソコンは処理が重くなってしまう。

おかしいな・・・再起動でもしてみるか・・・
なんてことはしないように注意してもらいたい!

きちんとアップデート処理が終わるまで、
いつもの癖でパソコンを再起動したり
終了してしまわないように気を付けよう。
最悪、OSが破壊されて起動できなくなってしまうかもしれない。

ちなみに筆者の古いテスト用PC
(約6年前に購入、Core2Duo 2.0GHz、メモリ2GB)では、
アップデート開始から、再起動、デスクトップ画面が表示されるまで、
約2.5時間だった。その間、多少処理は遅くなるものの、
インターネットをいつものように閲覧したりしていても、特に問題は生じなかった。

さて、後回しになってしまったが、
この「 Windows8.1 」の主な変更点を以下に記すので参考にしてほしい。

・「スタートメニュー」の復活。
・PC起動時に自動的にデスクトップ画面を表示する機能を追加。
・スタート画面のタイルの大きさの変更が可能に。
・「スナップ機能」の拡張。2つ以上の同時起動が可能。かつウィンドウサイズの変更が可能に。
・IE(インターネットエクスプローラ)のバージョンが「 11 」に。
・マイクロソフトのクラウドサービス「 SkyDrive 」へのOS統合。
・テザリング機能の追加
・ワイヤレスディスプレイ(Miracast)、DTCP+、Wi-Fiダイレクトプリンターなどへの対応。

全ては網羅しきれていないが、目立つ機能は
ざっとこんなものだろう。

この中でも「スタートメニュー」の復活は、
誰もが望んでいた機能ではないだろうか?

Windows7までのスタートメニューと同じとは言えないが、
筆者はこれだけの為にでも、8.1にアップデートしたい。

また、最後になってしまったが、
アップデートにはリスクも伴うのも忘れてはならない。

一番最悪な症状としては、Windowsを起動できなくなることだ。
と、言うより、この手のアップデートは、起動しなくなる事を前提として
作業を開始する方が賢明だ。

これはPCのメンテナンスを少しでもかじったことのある方であれば、
当たり前のイメージで、誰しも必ず1度は痛い目にあったことがあるはずだ。

よって、アップデート前には、必ず必要なファイルのバックアップを
USBメモリや、DVD、CDにしておこう。
最悪、自力で復旧できず修理に出す事になっても、あわてなくて済む。

また、めでたくアップデートが正常に完了しても、
「 8.1 」になる事によって生じる不具合も考慮しておこう。

今まで動いていたソフトが動かなかったり、不具合が発生したりする事がある。
更新前に自分の中で必須としているソフトが、
確実に「8.1」に対応しているのが確認できてから、
アップデートするのも一つの方法であり、リスクの回避方法ともいえる。

今までの環境はあくまでも「 Windows8 」であり、
アップデート後は「 Windows8.1 」だ。

Windows8用のソフトが、Windows8.1で動くとは限らない。

言い方を変えると、そのソフトはWindows8用であり、
Windows8.1用では無いと言う事だ。
動けばラッキー程度の気持ちで考えておけば良いだろう。

興味のある方は、その事を考慮し、
近々大事な局面でパソコンが使えない!と、
言う事が無いように余裕をもってアップデートしてみよう。


スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングならblogram
このBlogを登録 by BlogPeople
関連記事

テーマ : Windows8
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

winlinux

Author:winlinux
地方の工場で「システム担当」兼「エンジニア」として勤務。
主に現場で必要なシステムを提案、作成、運用している。
また、製造装置の保守やメンテナンス、改良、改善も行う。

24時間365日連続稼動の各種システムと、それを構成する
百数十台のPCでいかに「低コスト」で「作業者にやさしい」状態を
構築、運用するかを常に思案中。

最近のコメント
RSSリンク
サイト内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。